浮き桟橋の製作

 

 

新しい浮桟橋のご注文を頂き、フレームとなる角パイプとH鋼の切断・孔あけが終わりました。

 

この後、溶接工程にて組み立てが始まります。

 

弊社の複合機で切断・孔あけを行っているため、非常に高精度で仕上がっています。